Mac OS X+PC-9801エミュレーターでFM音源ツール『みゅあっぷ98』を動かしてみました

Screen Shot 2016-02-04 at 3.50.38 PM

こんにちは。

今年は年明けからデジゲー博の準備で超絶テンパっていましたが、とりあえずデジゲー博は終わりました。成功したかどうかはさておいて・・・。

ちょっと趣味の世界に帰ってきました。

MacでFM音源が聞きたい・・・

アラフォープログラマーにとって、PC-8801mkII SR や PC-9801UV などに搭載されていた FM音源は、ファミコンやMSXの8ビット音源と双璧を成す魂の音源です(少なくとも自分には)。自分は大学生くらいのとき、PC-9801DA のFM音源にこころ奪われていました。

最近(といっても5〜10年前からすでに)は昔のPCをソフトウェア的に再現する「エミュレーター」の実用的なものがいくつかあるので、ディスクイメージさえあれば現物に近い音を、Mac や Windows PC で再現できます。いい時代ですね・・・。

というわけで、いま自分が保有している MacBook Pro に、昔自分が使用していた PC-9801 の環境を再現し、FM音源(っぽい音)を鳴らしてみましたので、やったことをまとめてみました。

試した環境

本体: MacBook Pro (13インチ, Late 2013)
OS: Mac OS X 10.11.2 (El Capitan)
CPU: Intel Core i5 2.4GHz
メモリ: 8 GB

また、下記作業中にやむを得ずブートキャンプで起動した Windows 8.1 を使用した部分があります。無念。一度インストールしてしまえば Windows は必要ありません。

Neko Project II Mac OS X 版の導入手順

Neko Project II (for Mac OS X) のダウンロード

以下のページから PC-9801エミュレータである Neko Project II のMac OS X 版がダウンロードできます。

Neko Project II
http://www.yui.ne.jp/np2/

Screen Shot 2016-02-03 at 5.35.49 PM

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍しておきます。

Screen Shot 2016-02-03 at 5.42.27 PM

SDL (Simple DirectMedia Layer) のインストール

SDL (Simple DirectMedia Layer) はオープンソースのクロスプラットフォームマルチメディアライブラリです。これの恩恵で、Neko Project II も Windows/Mac OS/Linux など様々なOS上で動作します。Neko Project II は SDL2 を使用しているようなので、以下の場所からバージョン2.x をダウンロードし、Mac にインストールしておきます。

Simple DirectMedia Layer
https://www.libsdl.org/download-2.0.php

MS-DOSシステムディスク (FD または HDD) イメージの入手

方法1 フロッピーディスクドライブを持つ PC と MS-DOSシステムディスクを使用する

フロッピーディスクドライブを持つPCと、読み込み可能な MS-DOSシステムディスクをお持ちの方は、この方法がいろいろと安全です。

ディスクイメージの作り方はこのページに書かれています。

簡単な導入方法 / ディスクイメージ
http://www.retropc.net/yui/np2help/how2use2.html

作成した *.d88 ファイルは np2sdl.app と同じディレクトリに置くとわかりやすいです。

ここでは msdos.d88 という名前にします。

方法2 フリーの互換DOSを使用する

MS-DOS互換のフリーのDOS(FreeDOS(98)など) がいくつか存在します。それを利用したディスクイメージを公開されている方がいるので、それを使ってもうまくいくかもしれません。

その他の方法

その他の方法は権利的に問題ありそうなので、ここでの説明は省かせていただきます。(^^;

ホストPC上のファイル(20年前のバックアップ)を含んだHDDディスクイメージの作成

ここで、HDDディスクイメージを作成し、そこに昔使用していた環境のバックアップをコピーします。

なんとか Mac OS X 上でいろいろやってみたのですが、どうもうまくいきませんでした。おそらく、Neko Project II の Mac OS X 版のビルドは、ディスク周りの幾つかの機能が正常に動作しないようです。

しかたなく、ディスクイメージ作成ツールとして、Windows版の Neko Project II を使いました。やはりこの辺は Windows が強いです・・・。

Neko Project II (for WinNT) のダウンロード

さきほどのページから Neko Project II の Windows 版をダウンロードします。

Neko Project II
http://www.yui.ne.jp/np2/

Screen Shot 2016-02-04 at 2.49.53 PM

ダウンロードしたファイルを解凍します。

空のHDDイメージファイル作成

np2nt.exe を起動します。システムディスクがないと怒られますが、無視してください。

メニューから “Emulate” → “NewDisk…” を選び、HDDディスクイメージファイルを作成します。ここでは SASI の拡張子が hdi のフォーマットを選びました。サイズは20MBくらいで。

名前はここでは newdisk.hdi にしました。

その後エミュレータのメニューから、

  • FDD1: msdos.d88
  • Harddisk SASI1: newdisk.hdi

にそれぞれ割り当て、エミュレータをリブートします。リブートは メニューの “Emulate” -> “Reset” から行えます。

首尾よく FDD1 (Aドライブ) の MS-DOS が起動したら、newdisk.hdi をフォーマットしてください。システムを転送し、起動可能にしておくと便利です。

ここでは、MS-DOS 5.0 の format コマンドを使いました。

ss10

ホストOSからHDDイメージファイルへのファイル転送

フォーマットが完了したら、再度エミュレーターをリブートします。仮想ハードディスクが Cドライブとして認識できたら、ここにホストOS上の、エミュレーターで実行したいプログラムなどをコピーします。

np2tool.zip を解凍し、中の np2tool.d88 を np2nt.exe と同じディレクトリにコピーしておきます。

これをエミュレータのメニューから、

  • FDD2: np2tool.d88

に割り当てます。

ここで一度 np2nt.exe を閉じます。すると “font.tmp” と “np2nt.ini” というファイルが生成されているはずです。

このうち np2nt.ini を編集し、以下の2行を追加します。

  • hdrvroot=c:\My  (※元ファイルが置いてあるホストOS上のディレクトリ)
  • hdrv_acc=3

ss1

なお、 もう1つのファイル font.tmp は後ほど使います。

再度 np2nt.exe を起動したら、FDD2(Bドライブ) の np2tool.d88 に含まれている “hostdrv” コマンドを実行します。この hostdrv コマンドは、エミュレーターからホストOS上のディスクが見えるようになる魔法のコマンドです。ここではドライブD を指定します。

ss8

コマンドが成功すれば、指定したドライブ名で、さきほど np2nt.init で指定したホストOS上のディレクトリ (上記の例では C:\My) が、エミュレーター内のMS-DOS からアクセスできるようになります。すごい!

ss9

ここで見えているファイルを、先ほど作成した newdisk.hdi が割り当てられた仮想 HDD にコピーします。

コピーは XCOPY コマンドなどを使ってもいいですし、FD コマンドとかが使えればそれでもよいです。MS-DOS スキルの見せ所です。

Windows でしかできない作業は以上ですので、Mac OS X に戻ります。

Mac OS X に戻り エミュレーター起動

Mac OS X 版の Neko Project II の、np2sdl2.app と同じディレクトリに、Windows 上で作成した以下の2ファイルをコピーします。

  • font.tmp
  • newdisk.hdi

Screen Shot 2016-02-04 at 3.44.08 PM

この状態で、ついに np2.sdl2.app を起動します。長かった・・・。

システムファイルが無いと怒られるので、メニューから(Mac 版の場合、ウインドウを1度クリックするとシステムメニューが現れます)HDD -> SASI1 に newdisk.hdi を割り当てて、再起動します。

Screen Shot 2016-02-04 at 1.05.15 PM

Screen Shot 2016-02-04 at 1.05.36 PMうまくいくと、MS-DOS が立ち上がり、さきほどコピーしておいたファイルも見えるはずです!

Screen Shot 2016-02-04 at 3.50.38 PM

自分はとりあえず往年のFM音源オーサリングツール『みゅあっぷ98』を立ち上げてみました。

起動の様子(動画)

嬉しかったので、動画を撮ってしまいました!(^^;

まとめ

  • PC-9801 エミュレータである Neko Project II の Mac OS X 版は、El Capital 上でも動作した。
  • しかし Mac OS X 版は、ディスクイメージ操作関連がうまく動作しなかった。やむを得ず、ディスクイメージ作成の部分は Windows 版に頼らざるをえなかった。ディスクイメージは、1度作ってしまえば、Mac OS X 版上でも問題なく読み書きできた。
  • FM音源が Mac で聴けて幸せ。
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です