いまさらながら Eclipse + ADT の Android 開発環境を作る

eclipse-800x188

ちまたでは Android Studio 1.3 が発表され、今後 Android アプリ開発は Google の強力なプッシュにより Android Studio で行うのが主流になっていくと思われます。

そうは言っても、過去の遺産にしばられるのがソフトウェアの常なので、ビルドができるうちは Eclipse + ADT (Android Developer Tools) 勢力も残っていくと思います。

Cocos2d-JS で作成したプロジェクトも、2015年6月の最新版 v3.6.1 でも Eclipse + ADT 用の設定ファイルしか出力しないので、Cococs2d-JS を使うなら、今のところは Eclipse + ADT で行くのが早いです。

使用した環境

OS: Mac OS X 10.10.3
Eclipse: Eclipse Luna Service Release 2 – Version 4.4.2
ADT: 23.0.6

インストール手順

下調べ

バージョン不整合で痛い目を見ないために、まず ADT の公式ページで要件を調べます。

http://developer.android.com/tools/sdk/eclipse-adt.html

Screen Shot 2015-06-07 at 1.30.16 PM

2015年3月に ADT 23.0.6 がリリースされており、依存関係は以下のとおり:

  • Java 7 以降 (Android 5.0 以上のビルドを行う場合)
  • Android SDK Tools r24.1.2
  • Eclipse Indigo (Version 3.7.2) 以降

順番に確認し、必要に応じてインストールします。

Java および Android SDK Tools のインストール

こちらの記事「Cocos2d-JS のサンプルを動かしてみる (Android編)」を参考に、コマンドラインベースの Android 開発環境を構築しておいてください。

Eclipse のインストール

以下のページから最新版の Eclipse (2015年6月8日現在 Eclipse Luna – Version 4.4.2) をダウンロードします。いろいろ種類がありますが、Android アプリ開発に必要なものは一番上の Eclipse IDE for Java Developers に含まれています。

https://eclipse.org/downloads/

Screen Shot 2015-06-08 at 4.44.12 PMインストーラーは特に無いので、ダウンロードしたファイル (eclipse-java-luna-SR2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz) をダブルクリックで解凍し、作成される eclipse というディレクトリを丸ごと /Applications に移動させるのがオススメです。

最初の起動時は「インターネットからダウンロードしたファイルは実行できません」と怒られますが、ファインダー上で右クリックメニューから開けば実行できます。

Android Development Tools (ADT) のインストール

http://developer.android.com/sdk/installing/installing-adt.html

ADT は Eclipse のプラグインとして提供されているため、Eclipse 上で追加することができます。

Eclipse を起動し、 メニューの [Help]→[Install New Software…] を選びます。

Screen Shot 2015-06-08 at 6.48.45 PM

プラグイン管理のウインドウが開くので [Add] を押し、レポジトリを指定します。Screen Shot 2015-06-08 at 6.50.47 PM

公式ページに書かれている “https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/” をLocation に指定し、[OK] を押します。

Screen Shot 2015-06-08 at 6.51.24 PM

ポップアップが閉じると “Developer Tools” が選べるようになっているので、それを選択して [Next>] を押します。

Screen Shot 2015-06-08 at 6.52.03 PM

少し時間がかかって依存性が解決され、実際にインストールされるパッケージのリストが表示されたら再度 [Next>] を押します。

ライセンス情報が表示されたら、内容をすべて理解するのはかなりハードル高いのでどうするかはお任せします。自分は理解せずに “I accept …”  を選びました。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.03.13 PM

そして [Finish] を押すとインストールが始まります。

もしかしたら Security Warning が表示されるかもしれませんが、その時どうするかはお任せします。自分はレポジトリの URL が google.com だったので、Google を信じて [OK] で進めてしまいました。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.07.57 PM

インストールが終わると Eclipse の再起動が求められるので、再起動します。

再起動後、Android SDK の場所を求められるので入力します。「Cocos2d-JS のサンプルを動かしてみる (Android編)」の通り作業してあれば、/opt/android-sdk-macosx がそれになります。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.10.20 PM

自分の場合ここで何か xml ファイルが読めないようなエラーメッセージが出ましたが、そのまま進めてしまいました。

これでインストールは完了です。

動作テスト

確認として、空の Android アプリを作成して動作させてみます。

Eclipse メニューの [File]→[New]→[Project…] を選びます。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.21.32 PM

新規プロジェクトウイザードが開始するので [Android]→[Android Application Project] を選んで [Next>] を押します。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.22.16 PM

アプリ名などを適当に入力します。ここでは「Test」と言う名前のアプリ名/プロジェクト名にしました。SDK のバージョンをなどを聞かれますが、デフォルトのままにして [Next>] を押します。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.22.32 PM

Activity をどうするか聞かれるので “Blank Activity” を選んで [Next>] を押します。Activity と言うのは iOS で言うところ View Controller のようなものです。Screen Shot 2015-06-08 at 7.23.06 PM

あとはすべてデフォルトのまま進み、最後に [Finish] を押します。

これで空の Android プロジェクトができたので、実行してみます。左側の Package Explorer で先ほどのアプリ (ここでは “Test”) を選んだ状態で、ツールバーのデバッグアイコンのプルダウンから [Debug As]→[Android Application] を選びます。

Screen Shot 2015-06-08 at 7.25.56 PM

うまくいけば、シミュレーター (AVD) が起動し、空のアプリが起動します!!

Screen Shot 2015-06-08 at 7.31.03 PM

これで Cocos2d-JS の Android プロジェクトを IDE で開発する準備が整いました!

 

スポンサーリンク


One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です