コミケ90で頒布した PRINCIPIA: Master of Science の不具合につきまして

tmp

コミケット90で頒布しました「PRINCIPIA: Master of Science」(Windows/Mac OS X 両対応)のWindows版について、環境によってはゲームが起動しない不具合がありました。本ページで、原因および対処方法についてまとめました。

現象

Windows版のインストール後、ゲームを起動しようとすると MSVCP140D.dll および VCRUNTIME140D.dll がないために起動に失敗する。

Microsoft のサイトから 『Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ』をダウンロードし、インストールしても同じエラーが出る。

SS1

SS2

原因

Windows版のビルドが「リリースビルド」ではなく「デバッグビルド」だったため、『Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ』には含まれないDLLが必要になっていることが原因です。

対処方法

[方法1] リリースビルドパッチを使う方法

1.一度 PRINCIPIA をアンインストールします。(CD収録の Principia-0.9-2016.08.14.msi を使用するか、「プログラムの追加と削除」を使用します)

2.再度 PRINCIPIA をインストールします。(CD収録の Principia-0.9-2016.08.14.msi を使用します)

3.以下の場所からリリースビルドパッチ (Principia_0.9-2016.08.14-patchA.msi) をダウンロードして、インストールします。

http://tomeapp.jp/support/Principia_0.9-2016.08.14-patchA.msi

ここで、インストールされた Principia.exe, game.res, libcocos2d.dll のタイムスタンプが 2016/08/16 になっていることを確認してください。

SS3

4.以下の場所から『Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ』のx86版(vc_redist_x86.exe)をダウンロードし、インストールします。

Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48145

SS4

あとは Principia.exe を起動すれば、ゲームが開始されるはずです。

[方法2] Visual Studio 2015 そのものをインストールする方法 (※非推奨〉

開発環境である Visual Studio 2015 そのものをインストールすれば、デバッグビルドも実行できるようになります。

しかしインストールには10GB程度のディスク容量を必要とするため、可能であればこの方法は避けてください。

問い合わせ

本件に関する問い合わせ先

info@tomeapp.jp

スポンサーリンク


One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です