Cocos2d-JS で画像を表示する

img-cocos2djs

Cocos2d-JS で画像を追加する方法です。

(「Cocos2d-JS の開発環境を構築する」の手順が完了しているものとして話を進めます)

例としてこの画像ファイルを表示してみます。

CathyTestCathyTest.png

画像ファイルを ./res にコピーします。

Screen Shot 2015-06-09 at 9.36.13 AM

追加した画像ファイル名は ./src/resource.js を編集し、追加しておきます。

最後に ./src/app.js に画像をスプライトとして表示するコードを追加します。

a

 

resource.js

app.js

github に必要な修正がまとめてあります。

https://github.com/shinhirota/cocos2djs-sample/commit/47cf3117953a862e2b5042ee13a5bb9341b4d5cd

実行結果

cocos run コマンドで web アプリとして実行してみます。

うまくいけば Hello World の上に先ほどのグラフィックが表示されています!!

Screen Shot 2015-06-09 at 11.45.25 AM

※ github に動作するサンプルが公開してあります!
https://github.com/shinhirota/cocos2djs-sample/tree/47cf3117953a862e2b5042ee13a5bb9341b4d5cd

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です