アプリストアに必要なスクリーンショットをリサイズで一気に作成するコマンド

Screen Shot 2015-06-05 at 8.08.22 PM

こんにちは。

前回アプリを公開したとき(2015年4月)に使った小技ですので、いま有効かどうか未確認ですが、サイズの異なるスクリーンショットを一気に作るコマンドの紹介です。

使用した環境

OS: Mac OS X 10.10.3

準備するもの

自分の場合はiPhone6 に合わせて 750×1336 pixel で、元となるスクリーンショットを5枚作成しました。(今考えると、640×1136 pixel で作っておけば、十分だったかもしれませんが、iPhone6 で 640×1136 のみ対応のアプリを動かすと、ピクセルが拡大されているのが見てわかってしまうので、こだわってしまいました。

 

機種 画面サイズ [Pixel] 必須? 備考
iPhone4s 640×960 必須 そろそろサポートしなくてもよくなるらしい。(もうなっているかも)
iPhone5/5s 640×1136 必須
iPhone6 750×1336 オプション
iPad 1536×2048 iPad対応アプリには必須 とりあえず左記のサイズを用意したら、iPad対応としてサブミットできた。

 

例えば、ss1.png 〜 ss5.png という名前の 750×1336 のスクリーンショット画像を、iphone6という名前のディレクトリに置きます。

Screen Shot 2015-07-24 at 2.23.16 PM

コマンド実行

 

この状態で、ディレクトリ丸ごと、iphone4, iphone5, ipad という名前でコピーします。

 

Screen Shot 2015-07-24 at 2.32.46 PM

サイズの変換には sips コマンドを使います。iPhone6 -> iPhone5 のサイズ変換は、アスペクト比がほぼ等しいので、sips の -z オプションでサイズを指定するだけです。

 

 

iPhone4 や iPad へのサイズ変換は、アスペクト比が異なるので、まず -z オプションでアスペクト比を保つようなサイズに変換したのち、-p オプションでゼロうめをしてサイズを合わせます。こうしないと、単純な引き伸ばしになってしまいます。

 

 

結果

 

プレビューなどで結果を確認します。

ss1 ss1 ss1 ss1

これで、一応は各サイズ用のスクリーンショットが用意できました!(サイドの黒塗りが気になる方は、何か別の手段を使う必要がありますが)

 

スポンサーリンク


One comment

  • スクリーンショットで気がついたんだけど、レアアイテムをゲットしたらスクリーンショットで記念写真とってそれをツイーターに投稿できるようにしたらゲームアプリ売れるんじゃないか?このゲームのレアスクリーンショットはずばり体操服の下半身だろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です