PRINCIPIA 新作のタイトルは『PRINCIPIA: Master of Science』(プリンキピア:マスター・オブ・サイエンス)に決定しました!

Prin_Logo

こんにちは。

表題の通り、いままで「PRINCIPIA PERFECTUS」(プリンキピア・ペルフェクトゥス)として開発中だった PRINCIPIA の新作のタイトルを「PRINCIPIA: Master of Science」(プリンキピア:マスター・オブ・サイエンス)とすることにしました。

経緯

去年(2015年) 8月から PRINCIPIA の新作を開発してきました。もともと旧作の『PRINCIPIA (プリンキピア) 』というタイトルについて

 

「読めない」

「覚えにくい」

「内容が想像できない」

 

とのご意見をもらっていました。ニュートンの著書名ではあるのですが、カタカナではなくラテン語表記ですので、読める方はまれでした。(自分も最初読めませんでしたし・・・)

それをベースに新作向けとして「完全」という意味のラテン語「PERFECTUS(ペルフェクトゥス)」をつけて「PRINCIPIA PERFECTUS」としたところ

 

「さらに読めなくなった」

「これ面白そうですね!タイトルは読めませんが」

 

などの「わかりにくい」と言うご意見がいっそう増えていました・・・。

そんな中、開発も何とか進み、最近になってリリースに向けいろいろな方にいろいろ相談していました。いろいろいただいたアドバイスのうちの1つが

 

「タイトルは変えたほうが良いんじゃないですかね?」

 

でした。

前述のような流れもあり、さらに英語版のリリースも考えると、英語圏の方に受けそうな名前がもしあれば、そちらに変更したほうが良いのではないかと思うようになってきました。

わかりやすい名前にしました

いろいろ検討・相談させていただいた結果、リリース時のタイトルは

 

PRINCIPIA: Master of Science
(日本語:プリンキピア:マスター・オブ・サイエンス)

 

とさせていただくことにしました。

Prin_Logo

新タイトルロゴ(※開発中のものです)

プリンキピアという馴染みのある名前は残しつつ、ゲームの内容が想像しやすいサブタイトルをつけることで、初めてこのゲームを見る人にも伝わりやすい、いい名前になっていると思います。

10ヶ月くらい「ペルフェクトゥス宜しくお願いします!」って言ってきたので、ちょっと心配ですが、前半の名前が残っているから大丈夫でしょう。きっと。

ゲーム内容については、ペルフェクトゥスとして予告しているものから変更はありません!(完全とは程遠いから名前変えたわけではないです!)

リリースについて

開発の方は、専属プログラマー(自分)の副業が忙しかったりして一時期進捗が危ぶまれましたが、最低限必要な要素はほぼ完成しています。

Screen Shot 2016-06-16 at 11.19.34 AM

Screen Shot 2016-06-16 at 11.19.04 AM

具体的なリリース方法、タイミングについても近日中にお知らせできると思いますのでよろしくお願いいたします!


大学で『PRINCIPIA PERFECTUS(プリンキピア・ペルフェクトゥス)』の宣伝してきました

Screen Shot 2016-04-30 at 4.04.55 PM

こんにちは。

先日(2016年4月28日)、母校の日本大学大学院で現在開発中のシミュレーションゲームについて話をする機会をいただきましたので、その時のことを書いておきます。せっかくなので使用したスライドも載せておきます。

経緯

卒業した研究室の卒業研究発表会(及びその後の忘年会)に大体毎年参加させていただいてたのですが、その研究室の先生の1人が、今年この講義の担当とのことで声をかけていただきました。

忘年会のときにデジゲー博の時に作ったフライヤーを配っておいた甲斐がありました。宣伝だいじ。

今年のテーマは「計算機シミュレーション」とのことです。自分のやつは「シミュレーション」と言ってもちょっとジャンルが違うかなとも思ったんですが、そうそうない機会だったのでお受けすることにしました。

Screen Shot 2016-04-30 at 4.16.43 PM

ひとり変なのが混じっている予定表

準備

以前 INDIE STREAM FES 2015に参加したときのライトニングトークの資料をちょっと修正して使おうと考えていたのですが、今回の講義は90分あるとのことで、ボリューム的に全然足りませんでした。ライトニングトークは2分でしたので・・・。

しかも自分の母校とは言え大学院生の前で90分も話すとなると、それなりに学問的な話をしないと間が持たない予感しかしないので、ゲーム開発の話は半分くらいに抑え、その前提となった17世紀ヨーロッパ科学史の話を重点的にすることにしました。「科学史特論」みたいな感じで。

というわけで結局30ページのプレゼンテーションを丸2日以上かけて作りました。

当日

当日は100人くらい入れそうな教室に、30〜40人の学生が集まった状態でした。

使用したスライドはこちら。(公開できないページが数枚あったので、それは削除してあります)

コペルニクス、ケプラー、ガリレオ、デカルトの土台からニュートンの時代へつながるあたり、科学史に興味があれば基本的な部分ですが、自分が学生の時にそこまで意識していたかと言われるとそうでもなかったので、時間をかけてアツく(小声で)語ってきました。

最後は少しゲームの実演もしました。宣伝ですね。

講義中の写真はありませんが、講義の予定表の前で記念に1枚撮ってもらいました。

IMG_4946やはり緊張してしまって上手く喋れた自信はないですが、大失敗はしなかったと思います。

たぶん・・・。

おわりに

というわけで、飲み会での営業活動が功を奏して(?)大学院で自分の仕事について話をさせてもらうという貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございます。

ゲームの方は水面下で開発進めていますのでもう少しお時間ください・・・。

こんな感じでよろしければ無償でどこにでもお話をしに参りますので、興味がある方は声をかけてください!

(^^;


PRINCIPIA PERFECTUSのプレビュー版を『デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016』で頒布してきました!

sp2016-banner

こんにちは。

少し遅くなりましたが、出展完了報告です。

先日当ブログでもお知らせした通り、去る2016年1月30日(土)、31日(日) に幕張メッセで開催されました闘会議2016内の『デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016』に出展してまいりました。

通常のデジゲー博より時間が長めで2日間開催と、少々きついスケジュールでしたが、なんとか無事に終了しました。

ブースの様子

配置は A-02ab という激戦区でした。

degiga

音楽担当の椎葉大翼さんと接客中!

(写真はありませんが椎葉さん不在の時間帯に手伝っていただいた囚人へのペルエムフルさん、ありがとうございました!)

DSC00306-

先日のブログで告知した通りPRINCIPIA PERFECTUS (プリンキピア・ペルフェクトゥス)プレビュー版を500円にて販売させていただきました。

写真を撮ってくれたナナゼロハチさん、ありがとうございました!

頒布実績

頒布物がどれくらい頒布できたか書いておきます。2日間トータルの数字です。

PRINCIPIA PERFECTUS プレビュー版(シリアルコード付き)[新作]

48枚

PRINCIPIA PERFECTUS サウンドトラックCD

7枚

缶バッチ

30個くらい?(数えてない)

フライヤー

50枚くらい?(数えてない)

正直、完成していないバージョンを「プレビュー版」と称して販売してよいものか、かなり悩みました。しかしシリアルコードをつけ、正式版販売開始時に、プレビュー版を買っていただいた方にはその金額分割引サービスを行うことにすれば自然に販売できるのではとの結論に至って実施してみました。

写真 2016-02-01 15 14 37
手作り感はんぱないシリアルコード

実際「プレビュー版」と聞くとちょっとためらわれていた方も、後日割引特典をつける旨を説明したところ、買っていただけたパターンも何回かありました。前日徹夜でシリアルコード作成したかいがありました・・・。

購入していただいた方、もらってくれた方、ありがとうございました!

出展効果

2スペースx2日間の出展で、サークル参加料2万4千円だったので、頒布物の原価を考えると黒字ではありません。(^^;

しかし一緒に出展されていたクリエイターの方々room6 さん、ヌンさん、bluffmanさん、ナナゼロハチさん、ピースさん、HobbyAppTokyo さん、なかじまさん、カミオリさん)やブースに来ていただいた方々じぇふさん、Zabosamaさん、オーヤマさん、うに++さん、Popさん、魔王さまの配下A&Bさん、ち→Pさん、あきこまさん、ノベルスフィアさん、ゲームキャストさん、ミスターXさんと交流できたのが非常に有意義でした。ありがとうございました!

あとオーヤマさんにアイロンビーズでニュートンなどの登場人物をドットで作っていただきました。ありがとうございました!ブースで飾りました!

gepAz3ga

 

あと「闘会議の萎えラジ」というネット放送で紹介されたようです。教えていただいた M8 さん、ありがとうございました!

MacBook で試遊できるようにしていたのですが、試遊した直後にプレビュー版を購入してくれた方が何名もいらっしゃったのが非常にうれしかったです。

結論として、この場で収益をあげようとすると難しいと思いますが、宣伝効果は絶対にあったと思いますし、今後の活動の幅が間違いなく広がったと思います!

今後の活動予定

PRINCIPIA PERFECTUS の開発状況ですが、ゲーム自体は今月中くらいに完成できると思われます。それに合わせて現在リリース方法を検討中です。どのような形でリリースできるか今月中くらいに見通しをお知らせできればいいなと思っていますので、ご期待ください!


1/30, 31開催の『デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016』に出展します!

sp2016-banner

こんにちは。

時が経つのは早いものです。

2016年1月30日(土)、31日(日)に幕張メッセで開催される闘会議2016内の『デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016』に『tomeapp』として出展させていただきます!

ついこないだデジゲー博2015が終わったばかりだというのに、あっというまに次のデジゲー博が直前に迫っていました。やばいです。

例によって十分な準備はできませんでしたが、とりいそぎ展示予定内容をこちらで紹介します!

展示内容(予定)

PRINCIPIA PERFECTUS の「プレビュー版」頒布!!

開発中の新作「PRINCIPIA PERFECTUS(プリンキピア・ペルフェクトゥス)」の『プレビュー版』を頒布します!

Screen Shot 2016-01-29 at 1.07.10 AM

Screen Shot 2016-01-29 at 1.08.03 AM

本来「完全版」を頒布させていただきたかったのですが、諸々の事情により間に合いませんでした。すみません・・・。

そうは言っても、ゲームとしてある程度動作するものができていますので、今動作しているバージョンを、実費程度の価格(500円)で頒布させていただくことにしました!

さらに将来的に「完全版」のダウンロード販売が開始された際、プレビュー版を購入していただいた方は、プレビュー版の価格の分、割り引いて購入していただけるシリアルコードをお付けします!(予定)

名称: PRINCIPIA PERFECTUS (プリンキピア・ペルフェクトゥス) プレビュー版
価格: 500円(予定)
メディア: CD-ROM
対応機種: Windows 7以降/ Mac OS X
対応ブラウザ: Internet Explore 7以降、Safari 4以降、Chrome 40以降
ジャンル: シミュレーション

プレビュー版には以下の制限があります:

  • 最終的なバージョンはWindows/Mac OS X のネイティブアプリになる予定ですが、プレビュー版はブラウザ上で動作するようにビルドされています。
  • 十分なテスト、バランス調整がされていないため、細かい不具合が残っていると思われます。(バグ報告を歓迎いたします)
  • 「重大テーマ」はアンロックされません。
  • 爵位を得ることはできません。
  • 日本語のみのサポートです。 

サウンドトラックCD販売

前回のデジゲー博2015の際に好評を博しました椎葉大翼さんの手による新曲6曲を収録したサントラCDを引き続き販売いたします!すべて弦楽四重奏による生演奏です。

12212476_430671150458220_1588844550_n

今回も、当日 (1/30, 31) 椎葉さん本人もブースに来ていただける予定です!

フライヤー配布

前回配りきれなかったものを持って行きます。 もらってやってください。 omote ura

缶バッジ配布

前回配りきれなかったものを以下略。

開催情報

イベント名:デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016
日時:
2016年1月30日(土)10:00~18:00(最終入場17:30)
2016年1月31日(日)10:00~17:00(最終入場16:30)
場所:幕張メッセ国際展示場1~6ホール
(※入場のために入場券の購入が必要です)
公式ホームページ:http://tokaigi.jp

logo-00

digihaku-banner1

ブース情報

CircleCut

【サークル名】tomeapp
【代表者】TOME
【配置】A-02ab
【ジャンル】シミュレーション

 

それではデジゲー博SPECIAL in 闘会議2016でお待ちしています!


PRINCIPIA PERFECTUS (プリンキピア・ペルフェクトゥス) もうちょっとです

PerfectusTitle

こんにちは。

先日の記事などで「2015年12月リリース予定!」と宣言していた開発中のゲーム PRINCIPIA PERFECTUS (プリンキピア・ペルフェクトゥス)ですが、現在最後の調整を行っている最中です。

年内リリースできませんでした・・・

しかし気がつけば12月31日でした。今年もあと10時間あまりを残すばかり・・・。

と言うわけで12月のリリースは難しくなってしまいました。期待していただいている方々には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、リリースを来年に延期させていただくことにしました。

申し訳ありません。

デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016 に合わせてリリースします

来年2016年1月30日(土)、31日(日)に幕張メッセで開催される闘会議2016内の企画の1つである「デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016」に出展させていただくので、これに合わせてリリースさせていただく予定です!今度こそ!

( ;´Д`)

sp2016-banner

開発状況

すでに旧作PRINCIPIA (プリンキピア) で実行可能だったコマンドは全て実行できるようになっています。グラフィック、音楽素材が強化されているので、これだけでもリリースする価値はあったかもしれません。

しかし旧作はゲーム性が十分でなかったという反省があり、現在ゲーム性を向上させるための改善を行っている最中です。

あと2週間くらいでとりあえず形にして、残りの時間でリリースの準備をしようと思います。

Screen Shot 2015-12-31 at 12.52.07 PM
タイトル画面

Screen Shot 2015-12-31 at 12.53.31 PM
マップ画面

マップ上に人物アイコン、施設アイコン(アカデミー、大学、天文台)が配置され、直感的に操作可能になります。

Screen Shot 2015-12-31 at 12.54.02 PM
研究室画面

研究活動に特化した画面で、テーマ選択、実験、論文作成などが実行可能になります。

Screen Shot 2015-12-31 at 1.02.26 PM
新コマンド

「交流」「誹謗中傷」などの新コマンドが追加され、他の科学者との関係がより重要になり、ゲーム性が高まっています。

最後に

と言うわけで宣言通りにリリースできませんでしたが、これは期限を守ることより、品質を守ることのほうが重要だと判断したためですので、ご理解をいただけるとうれしいです。

反省点としては「ペルフェクトゥス(「完全な」という意味)」という名前をつけたので、いろいろ妥協しないようにこだわった結果、どんどん完成から遠のいてしまったことです。「完全」なんて無理ですね・・・。

( ;´Д`)

そうは言っても、旧作で表現できなかったことの多くが、今作で実現されています!

是非来年1月のリリースにご期待ください!

 

名称: PRINCIPIA PERFECTUS (プリンキピア・ペルフェクトゥス)
対応機種: Windows / Mac OS X
リリース予定: 2016年1月
ジャンル: シミュレーション


PRINCIPIA PERFECTUS サントラCD のオンライン販売開始しました!

PerfectusTitle

こんにちは。

デジゲー博2015において頒布させていただいた、現在開発中の新作『PRINCIPIA PERFECTUS』(プリンキピア・ペルフェクトゥス)のサウンドトラックCDのオンライン販売が昨日(2015年12月2日)から開始されました!

現在、K2出版オンラインショップ様のサイト (http://k2pub.ocnk.net) で絶賛販売中です!

なんか、すごい!

 

PRINCIPIA PERFECTUS オリジナルサウンドトラック [DSCD-1511]

Screen Shot 2015-12-02 at 10.29.45 PM

 

あらためて簡単にご紹介しますと、本サントラCDは現在 tomeapp が開発中の新作シミュレーションゲーム『PRINCIPIA PERFECTUS』のために作曲家の椎葉大翼さんが書き下ろしてくださった新曲全6曲を収録したものです。6曲がすべてが弦楽四重奏の生演奏を録音したものになっています。

オンライン販売開始を記念して、収録されている全6曲を、使用される各場面のスクリーンショット(開発中)とともに紹介させていただきます!

SoundCloud へのリンクもついていますので試聴もできます!(※曲6を除く)

曲1 タイトル画面

「天体観測する科学者」をイメージしたイラストを背景にしたタイトル画面で流れるのがこの曲です。

宇宙の神秘を感じさせる荘厳な雰囲気と、これから始まる研究活動が成功することへの期待を感じさせてくれる曲です。

Screen Shot 2015-12-02 at 8.13.25 PM

自分は出だしのバイオリンの高音だけで鳥肌が立ちました。生録音すごい!

曲2 メイン画面

ゲーム中、大きなイベントが発生するまでは基本的に流れている曲です。

17世紀ヨーロッパで活動する科学者の、穏やかな中にも新しい発見に満ちている日常を思わせる、ゆったりとした曲です。

Screen Shot 2015-12-02 at 8.14.49 PM

おそらくゲーム中もっとも長い時間聞くことになる曲ですが、開発中ずっと聞いていますが聞き飽きません(笑)。紅茶でも飲みながらずっと聞いていたい曲です。

曲3 審議中

科学アカデミーに論文を提出したときなど、アカデミーの役員が議論をする場面で流れる曲です。

Screen Shot 2015-12-02 at 8.15.42 PM

全体的にいい意味であわただしい、楽しい曲です。しかし途中から不気味な感じになり、アカデミーの重鎮たちの威圧感が伝わって来るようです。

軽快な出だしの部分は、中毒性があります。個人的に一推しの曲です。

曲4 アカデミー入会

いつくかの功績が認められ、科学アカデミーへの入会が許された場面などで流れる曲です。

Screen Shot 2015-12-02 at 8.19.54 PM

出だしの部分がファンファーレのような、達成感を盛り上げる感じで始まり、全体的に祝福ムードのある曲です。

ちなみに、前作『PRINCIPIA』でもアカデミー入会時には椎葉さんの曲が使用されていたので、聴き比べてみると面白いかもしれません。

曲5 祝賀パーティ

アカデミー役員就任などのおめでたいイベントの場面で流れる(予定の)曲です。

全体的に明るく、わくわく感のある曲で、後半ループ直前の部分が特に楽しい感じです。

実はもともとのタイトル画面はもっと明るい感じで考えていて、そのタイトル画面をイメージして作っていただいた曲がこれでした。

しかしタイトル画面のイメージ変更にともなって、曲を差し替えたのですが、この曲を使わないのは忍びなく、この曲にあった場面をゲーム中に追加することにしました。

曲6 エンディング

科学者が研究活動を終えて、その一生を振り返るエンディングで流れる曲です。

Screen Shot 2015-12-02 at 8.20.48 PM

(※この曲はSoundCloudで試聴できません)

数十年に渡る研究活動を振り返るのに相応しい、雄大なゆったりとした曲です。

途中タイトル画面のメロディが少しだけ含まれているので、ゲームをプレイしていただいた方がエンディングでこの曲を聞いたときには特別な気持ちになっていただけるものと思います。

 

曲の紹介は以上になります。

気になった曲が1つでもあった方は、ぜひK2出版オンラインショップ様のサイト (http://k2pub.ocnk.net) を覗いてみてください!

補足情報

ゲーム本編は2015年12月2日現在、年内のリリースを目指して絶賛開発中ですので、こちらも忘れずにご期待ください!




『デジゲー博2015』に出展して来ました!

Screen Shot 2015-11-07 at 11.56.14 AM

こんにちは。

前回の記事「11/15開催の『デジゲー博2015』に出展します!」で予告していた通り、2015年11月15日に秋葉原で開催されたデジゲー博2015に出展してまいりましたので、出展報告をいたします。

展示

思ったより荷物が多くて会場の秋葉原UDXに着いた時にはすでに疲労困憊していました。日頃の運動不足がシャレにならないレベルに達しているようです。設営は音楽担当の椎葉大翼さんにも手伝っていただき、大変助かりました・・・。

ポスタースタンドは目一杯の高さにして、A2のポスターを掲示。ちょっと両脇にスペースがあったので、配置番号とかフライヤーとか吊るしてみました。

机の上に台を置いてその上に19インチの液晶ディスプレイを乗せました。ここにずっとPRINCIPIA PERFECTUS の動画を流していました。

 

写真 2015-11-16 11 58 21

あとデモ用 MacBook Pro を置きました。試遊可能でしたが、ゲームの完成度がイマイチだったので、あえてオートモードに設定してなるべく触られないようにしました(それで良かったのだろうか・・・)。

手に取れる物としては、フライヤー(紙広告)、缶バッジが無料配布。

そして今回唯一の商品、PRINCIPIA PERFECTUS サウンドトラックCD!(価格: 1,000円)

写真 2015-11-15 12 48 30

音楽担当の配慮により、iPad Mini が設置され、サントラCDの視聴が可能でした。親切。

成果

開場時間が11時〜16時の5時間だったのですが、何というかあっという間な感じでした。

ブースの前を素通りされる方が多いですが、液晶ディスプレイに写した動画や、ポスタースタンドにぶら下げたフライヤーの裏面を見て足を止めてくれる方が結構いました。

あとは知人や、ツイッターで交流のあった方々とそのご友人が結構(HobbyAppTokyoさん、ナナゼロハチさん、チームヒロポン久野さん、bluffmanさん、魔王さま(120)配下Bさん&Aさん、うに+さん、ねこバタ会議さん、じぇふさん、ザクロさん、Zabosamaさん、エムプロさん、奈良の人さん、ryoukeさん、ち←さん&オーヤマさん、Cocominapさん、ふりふらさん、ゆかさとさん、まつたけさん、suiheilibeさん、ガンズターン公式さん、ミスターXさん、囚人へのペルエムフルさん [順不同])ブースまで遊びに来てくれました!ありがとうございます!

ちなみにここっとダンジョン開発中のまさしさん(room6)はブースには来ていただけませんでしたので、こちらから行きました!misakichi02さんとヌンさんもいらっしゃいましたが、話せませんでしたね・・・。

(覚えている範囲で名前あげてしまいましたが、皆さんツイッターで「デジゲー博行きました!」と公言されているので大丈夫でしょう・・・)

あとちょっとここには書けないような方とも挨拶できました。ありがたいです・・・。

頒布できたものの数量

5時間で頒布できた頒布物の数量です。自分のメモも兼ねて参考までに・・・。

フライヤー

124/240枚(残り116枚)

無くなったらどうしよう、と思っていましたが、杞憂でしたね。

缶バッジ

ニュートン:23/40個
アン女王:10/20個
ハレー:12/20個
ホイヘンス:9/20個
合計:56/100個

44個+予備分少々が余ってしまいました・・・。次回使おう・・・。

サントラCD

20枚

バルクCDを現地で包装しながら売っていましたが、ゲームが完成していないサントラCDとしては上々の結果だと思います!バルクCDは製造の都合上、まだたくさんあるので欲しい方はメールください!

感想

デジゲー博は申し込み締め切りが2015年8月末で、その時点で PRINCIPIA PERFECTUS はまったく実装が始まっていませんでした。しかしこんな機会はそうそうないと思い、見切り発車的に申し込んでしまいました。結果、なんとか先が見えるところまで実装できて「開発中です」と宣伝できたので、ちょっとホッとしています。

あとブースに来ていただいた方の中で、15年前の前作 PRINCIPIA を知っている方が結構いらっしゃったのが嬉しかったです。一番すごかったのは「おととい知人に紹介されてやってみた PRINCIPIA の新作が開発中だとは驚いた」という方がいたことです。15年前の作品なのに・・・。(^^;

また、複数の方から「いつリリースされるんですか?」と聞かれたことも嬉しいです。何というか期待されている感じがしました。社交辞令かもしれませんが・・・。

というわけで、年内リリースを目標に頑張って完成まで持っていこうと思います!


11/15開催の『デジゲー博2015』に出展します!

PerfectusTitle

 【※2015年11月13日 更新】

こんにちは。

ツイッターなどでちょろちょろと情報をつぶやいていますが、2015年11月15日(日)に秋葉原で開催されるデジゲー博2015に『tomeapp』として出展させていただきます!

つきましては展示予定内容をこちらで紹介しますので、興味を持たれた方は是非当日会場に足をお運びください!

ゲーム完成しなかったから、あるものでやるしかない・・・・・・!!

( ;´Д`)

展示内容(予定)

PRINCIPIA PERFECTUS のデモ展示

開発中の新作「PRINCIPIA PERFECTUS(プリンキピア・ペルフェクトゥス)」のデモを展示します。

プレイ可能なものにするか、動画再生にするかなどの詳細は現在検討中です。当日までの完成具合で判断します。

SS_Society SS_Main

サウンドトラックCD先行販売

ねずみハンターキャシーに引き続いて、本作の音楽は椎葉大翼さんに担当していただきました。本作ではなんと挿入される6曲すべてに新曲を提供していただきました!すごすぎる!

ゲーム本編の正式リリースに先駆けて、この椎葉大翼さんの新曲6曲を収録したサントラCDを先行販売いたします!すべて弦楽四重奏による生演奏です!やばい!!

12212476_430671150458220_1588844550_n

当日(11/15)は椎葉さん本人もブースに来ていただける予定ですので、ファンの方にはいろいろとすごいチャンスなのではないかと思います。

CDは現在台湾の工場で絶賛プレス中のはずです!間に合え!!(価格:1,000円)

【※2015年11月13日更新: CD間に合った模様です】

フライヤー配布(先着200名)

街中で配布する紙の広告のこと「フライヤー」って言うんですね。最近まで知りませんでした・・・。まあ宣伝です。ブースにいらしたらとりあえず持って行ってください。 omote ura

缶バッジ配布(先着100名)

展示物をいろいろ検討していたところ、物足りない気がしてきて急遽ノベリティーグッズに手を出しました。定番の缶バッジです! とりいそぎ4種類デザインして100個発注しましたが、まだ実物を見れておりません! Screen Shot 2015-11-06 at 11.57.05 AM 果たしてどんなものが出来てくるのかもわかりませんが、一応間に合う予定です。ニュートンはまだいいですが、ホイヘンスの缶バッジなどは少なくとも日本初のシロモノではないでしょうか。 ニュートン40個、その他3名各20個用意しますので、是非ブースにいらして、この謎のレアアイテムをゲットしてください!

【※2015年11月13日更新: 缶バッジ届きました】  

開催情報

イベント名:デジゲー博2015
日時:2015年11月15日(日)11:00~16:00
場所:秋葉原UDX2階 アキバ・スクエア
(※入場のために1,000円のカタログの購入が必要)
公式ホームページ:http://digigame-expo.org

digihaku-banner1

ブース情報

CircleCut

【サークル名】tomeapp
【代表者】TOME
【配置】C-06b
【ジャンル】シミュレーション

 

それではデジゲー博2015でお待ちしています!

 


会社やめたら出勤したくてたまらなくなった

bsN116_nemuranaioffice

こんにちは。

今年の初めに会社やめてから半年と少したったのですが、あれほど行きたくなかった会社に行きたくなってきました。

人間の心理とは不思議なものです。と言うか結局いまの状態から逃げ出したいだけなのかもしれませんが・・・。

せっかくなので経緯と現状についての報告です。会社辞めようかどうしようか検討している方などの参考になれば幸いです。

プロフィール

1973年生まれの42歳です。妻と4歳になる娘1人の3人家族。

今年3月に10年勤めた会社を辞めて現在起業準備中。(ただし再就職も捨てきれない)

会社を辞めた理由

前向きな理由と後向きな理由が相乗効果をもたらして辞めてしまいました。

後向きな理由は、会社の人も見ているかもしれないので控えめな表現にせざると得ませんが(苦笑)、仕事が忙しすぎて会社に行きたくなくなったからです。朝起きるのつらいし。

前向きな理由は、もともとフリーでいくつか公開していたゲームを商品化して勝負してみたいとずっと考えていたからです。最近はアプリとかで市場も広がっているという噂もありました。(その噂についてはまた長くなるのでここでは触れません・・)

会社やめて良かったこと

朝目覚ましをかけなくてもよくなったのが何気に一番うれしいです。

勤めてた会社はコアタイムの無いフレックスのような制度で、ミーティグが無い限り何時に出社しても良かったんですが、忙しくなってくると朝9時とか10時からのミーティングは普通なので、結局それに間に合うように目覚ましをかけて出勤しなければなりません。

しかし自分が朝弱いのが原因なのか、それとも最近ちょっと話題になった『午前10時前から働くことは「拷問に近い」と英研究 ネットは「今世紀最大級の重要な発見」と賛同 』のように、朝9時からの始業がそもそも無理があるのかわかりませんが、自分は毎朝つらかったです。

会社やめて良くなかったこと

おちんぎんがもらえなくなります。

まあ当たり前なんですけど、これにつきます。みんなお金のために働いているのです。自分もそうでした。

最近の生活

現在、自分のゲームを商品化すべく活動しています。

会社辞めた後、とりあえず2本アプリリリースしてみたんですけど、びっくりするほどダウンロードされてません。収入はほとんどありません。(泣)

生活費は、失業保険と貯金から出してます。今年いっぱいくらいは収入なくても大丈夫そうですが、その後はさすがにまずいです。

いま、社運(?)をかけて新作を開発中ですが、なかなかはかどっていません。この新作は、プログラムが自分、音楽とグラフィックはそれぞれ発注して制作してもらっているのですが、この自分担当のプログラム部分がはかどらない。

準備期間を経て、8月 始めくらいから開発しており、2ヶ月で完成の予定でした。ああ、だから9月いっぱいで完成の予定だったんですね。いま思い出しました・・・。

しかし本日10/14現在、まだ50%くらいしかできてないです。進捗ダメです。

予定では来月11/15に開催される展示会(デジゲー博)でパッケージ販売しようと思っていました。いろいろ調べたところ、パッケージにするには3週間〜1ヶ月くらい前に発注しない間に合わないようなので、そうすると今日くらいにすでに完成してないとダメだった。

しかたないのでパッケージ販売はあきらめて、どうしようかなあとか考えています・・・。

「出勤したくなった」の真意(1)

やっと本題です。

会社員時代は、朝早く出勤し終電まで会社にいることはよくありました。

今は、寝たいだけ寝て起きると10時とか11時だったりします。寝不足は頭の回転を悪くすると信じているので、それはいいんですが、その後自宅で机に向かうこともあれば、外出してスターバックスとかタリーズコーヒーとかで作業することもあります。

誰も管理してないので、気が乗らなかったら作業しません。というか、できません。

最初は「そのうちやる気でるよね。やる気でるまで待とう。」って思っていて、実際1日とかサボると次の日とかは結構やる気出てました。

最近は、なんかなかなかやる気が出なくなってきました。これはたぶんやばい。

会社員時代は、いやだったんですけど、進捗管理されてました。なので、いやだったんですけど、やる気がないからと言って手を動かさないわけにはいきません。いやでしたが。無理やりにでも手を動かせば進捗はあります。これが今の自分にはないんですよね。

「出勤したくなった」の真意(2)

会社員最後の2年間くらいは、20人くらいのソフトチームの開発リーダーをやってました。リーダーなんて向いてないんですけど、目立つのは好きでした。

そんなこともあって、会社での自分は多少輝いていました。たぶん。

なので、それがいいモチベーションになっていたようですね。頑張れている実感。

今の自分は、1人でやっているので、頑張れている実感がありません。計画通りにリリースしていけば、多少は結果も期待できると信じていますが、なんか頑張っても頑張らなくてもリリースするまでは反応もらえないんですよね。

なので、モチベーションが足りなくなっている気がひしひしとします。最近特に。やばい。

imgres

まとめ

というわけで、一人でずっと作業していると、

  • 管理されてないので、果てしなくサボれてしまう。これは楽だけど、やばい。
  • まわりに誰もいないと頑張れてるのか頑張れてないのかよくわかなくてモチベーションが下がってくる。

と言ったデメリットがあることを痛感しました。大丈夫かな、自分?

ちなみに、それなりの貯金をしてから辞めたのでお金の問題はまだ発生してません。しかしそれが逆にモチベーションを下げている気も少しだけします。

自分でもよくわかりませんが、たぶん「ちょっと会社行って管理されて、やる気を取り戻したい・・・」と感じているようです。

行きませんけど・・・。

 


INDIE STREAM FES 2015 ライトニングトークに参加してきました!

isf2015_mainbanner

こんにちは。

2015年9月17日(木)〜20日(日) まで幕張メッセで東京ゲームショウ2015が開催されていました。

で、それに合わせて2015年9月19日(土) 18:30 から、同じ幕張で INDIE STREAM FES 2015 と言うイベントが開催されていました。

そのなかのコーナーの1つでライトニングトークと言う、自分のゲームを2分間宣伝できるという素晴らしいコーナーがあることを教えていただき、申し込んでみたところ枠を1つもらえました!

どんなイベントなのかもよくわからないまま参加し、発表してきましたのでどんな感じだったか紹介してみようと思います。

INDIE STREAM FES 2015 とは?

国内外のインディークリエイターが集まり、互いに刺激し合える場として、インディーデベロッパーのためのサイトが集うための場所の提供を目指して開設されている INDIE STREAM 様が主催するイベントです。

クリエイターとしての参加か、パブリッシャーおよびその他の関係者としての参加が可能ですが、TGSの一般公開のような「一般参加」はできません(!)。チケットは一人4,000円でしたが、立食パーティー形式でお酒も飲み放題でしたし、確実に元が取れます!

自分はもちろんクリエイターとして参加です!

当日の様子

会場は幕張メッセの最寄駅の海浜幕張の目の前でした。

TGSが17:00までなので、TGSに参加した流れで二次会的に参加した人が多かったのではないかと思います。自分は前日にすでに回っていたので、この日はこちらの会場に直行でした。

2015-09-19 18.33.16

250人分のチケットが完売していたそうなので、それくらいの人数がいたようですね。

結構な人口密度・・・!

2015-09-19 19.13.15 写真見てわかるかもしれませんが、外国の方が結構きてました。

プレゼンも英語でやったほうがいいのかな〜と思いもしましたが、英語でやると日本の方に分かりにくくなると思ったので、日本語でやりました!(けっして英語でできなかったわけではありません、たぶん・・)

開始前からアルコール飲み放題で、参加者がいい感じにできあがってきたあたりで、開会の挨拶から始まりました。

最初に INDIE STREAM AWARDS 受賞作の発表と表彰が行われていました。来年は自分もこっちにノミネートしてみたいなあ・・・。

2015-09-19 18.47.52 で、スポンサー企業様たちのお話などもあり、いよいよその時間が近づいてきました。

ライトニングトーク!

自分は20組中2番目に登壇という、緊張する時間が短めのよい順番でした!

宣伝したのはもちろん「PRINCIPIA PERFECTUS」です! プレゼン資料はこんな感じ。(SlideShare とかにあげちゃおうかな?)

Screen Shot 2015-09-22 at 1.21.03 PMScreen Shot 2015-09-22 at 1.21.21 PMScreen Shot 2015-09-22 at 1.21.37 PMScreen Shot 2015-09-22 at 1.23.00 PM

発表時の写真は・・・、無いです。撮ってくれる人がいなかったので・・・。(どなたか持っていたらください!)

肝心のプレゼンは、2分間オーバーしてもちょっとしゃべってしまい、司会の方に「時間過ぎたら新しいページに行かないでくださいね!」みたいに怒られてしまいました。すみません・・・。

他の皆さん、ほとんどの方が2分にきっちり収めてきてたので、ちゃんと練習してきてるんだなあという感じでした。いや、自分も机の前でブツブツいいながら練習しましたけど、いろいろ発表内容を微調整しているうちにうやむやになっちゃってたんですよね・・・。

発表後

そのあとのことはよく覚えていませんが、結構話を聞かずに勝手に交流している人が多かったです。酒飲んでますしね・・・。しかしそれこそがこの INDIE STREAM FES の醍醐味だと感じました。

会場で Rogue Ninja などの作者 Q-Cumber Factory さんにご挨拶できました!去年の INDIE STREAM AWARD で受賞されている方です!

他にも何名かの方にご挨拶したのですが、あんまりじっくり話せなかったので、覚えてくれているかは不明です・・・。

帰りに Unity ボールペンUnreal Engine グラスもらいました!

写真 2015-09-22 13 48 34

感想など

インディークリエイターの方々の熱いモチベーションを感じるには十分すぎる機会でした!料理も美味しかった!

あと外国の方が多い(20%くらいは外国の方だったんじゃないですかね?)のも印象的でした。もし次回があればプレゼンは頑張って英語にしようかな・・・。

ライトニングトークの宣伝効果ですが、自分のプレゼンがグダグダだったり、肝心のゲームがまだ未完成(むりやりアルファ版と称してできてるところまで公開しましたが)だったりしたこともあってか、今の所あんまり手応えはないです。

しかしこんな感じの積み重ねが大事だと思っていますので、こういったイベントには機会があればどんどん参加していきたいなあと思います!


1 2 3